乱視とレンズの関係

今回は乱視とレンズの関係について、簡単にご説明します。
よく、「私は乱視で」と自慢げに言われる方がおられますが、
乱視は特別なものではありません。
簡単に言えば眼球がカメラのレンズのように球形でないだけです。
すなわち、生きている目は柔らかいので厳密には、すべての目に乱視があると言っても過言ではないと思います。
では下の図を見て下さい。
画像


Aに十字がありますが乱視がほとんどない人には縦横が同じように見えるのですが、
乱視がある人にはBのように横(これは仮に横ですが、縦や斜めの人もいます)がボケたり、
いくつもの線が見えたりします。
(Aのように乱視がほとんどない人)縦横が同じようにボケる人には
縦に-2.00 横に-2.00の度数のレンズを入れます。

(Bのように乱視がある人)横方向がボケたり幾つもの線に見える人には
縦に-2.00 横に0.00の度数を入れます。
横はAと同じように度数は入れますが、縦はよく見えているので0.00(板ガラスと同じです)

このように見て頂くと乱視も特殊でないことがお分かりいただけると思います。

Q、A よくある質問
Q,乱視は物が二重に見えるのですか?
A,強度な乱視だと二重に見えることあります。
 基本的に一方向だけが見えにくいと思ってください。
 片目を閉じて二重が解消してら乱視ではなく両眼視に問題があるかもしれません。

詳しい事を聞きたい方は右のBLOGMailでお尋ねください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック