隠れ斜視(斜位)検査法の一つをご紹介

今回は隠れ斜視(斜位)の検査法の一つをご紹介いたします。

その原理をご理解いただく為に立体映画(3D)映画の説明から致します。

まずは写真を見ながらお読みください。

画像

右のフィルターでは、左の三角形だけが見えるようになっています。

画像

左のフィルターでは、右の三角形が見えるようになっています。

画像


写真中央上の指標に4つの三角形があります。
これを偏光フィルターの入ったサングラスを通してみると、右のフィルターでは左の三角形だけが見え、左のフィルターでは右の三角形が見えるようになっています。

画像


これを両目を開いて見ると、右眼には左の三角形が見え、左目には右の眼には左の三角形が見えるので、左右の視線が指標の手前でクロスします。そのため、脳は三角形が手前に飛び出したように判断するのです。これが飛び出す映画、3Dの原理です。


この時、隠れ斜視(斜位)のように視線が外を向いたり、上下を向こうとする隠れ斜視の人は飛び出しが弱かったり、斜視の人は全く飛び出して見えません。

もし、立体映画を見ていて、驚くほど画面が飛び出さなかったり、全く飛び出して見えなかったら、隠れ斜視(斜位)又は斜視の可能性があります。そのズレにより物がダブって見えたり二重に見えたり、症状が進むと、頭痛や肩凝りの原因になります。首が傾く、毎年のように度数が進む、そのような症状が多くなります。

次回は詳しく隠れ斜視(斜位)の検査法についてご説明します。お楽しみに。


ご質問や当店へのご来店希望の方は右の BLOGMail でお問い合わせ下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック