メガネが出来るまで

今日は店が定休日なので、メガネ販売に付いて書いてみました。画像

*メガネの販売は半医半商と言って、半分は商売、でも半分は医療器具を取り扱うため、商売、つまり 「金儲けの手段」にしないのが私達の誇りなんです。 
そのため、販売員には繊細な神経と技術、更にモラルが求められるのです。

ここで眼鏡が完成するまでの工程と時間を簡単に書いてみました。
問診・・・・(約5分)
視力検査(単眼、両眼視)・・・・(約30分から1時間)
テストレンズの装用・・・・(約30分)
フレーム選びのアドバイス(個人差あり)・・・・(平均30分)
フレームのフィッティング・・・・(約10分)
レンズ加工(カッティング、面取り、艶出し)・・・・(約30分から1時間)
お渡し時に(フィティングの再確認と取扱説明)・・・・(約10分)

このように眼鏡が出来るまでには、3時間程度の時間が必要なんです。

詳しい内容は次の機会に、

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック