眼鏡屋35年のベテラン眼鏡士のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「隠れ斜視(斜位)たけしの本当は怖い家庭の医学」について

<<   作成日時 : 2012/12/07 20:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

隠れ斜視(斜位)たけしの本当は怖い家庭の医学」について
はじめまして「まおchanまん」さん斜視の手術後の5年で戻るのはつらいですね。さて、お問い合わせの件ですが、プリズムレンズで見辛さも斜視の変異も相当改善されると思おいます。ただ斜視の内容(外斜視、内斜視)と目の内容(正視、近視、遠視)と年齢を考慮に入れながらプリズム量も変わりますので、眼鏡をお考えなら熟練した所をお探す必要があります。もしよろしければ、今の目の状態を詳しくお聞かせ頂ければ詳しいアドバイスができると思います。また、眼鏡を作る前に目を動かす訓練をお勧めします。仮に変異が軽度で近視で外斜視なら近視眼鏡を掛け、1、遠くから近く(5センチ程度まで)を繰り返し見る。2、目をゆっくり回す。3.右左をゆっくり見る。以上の訓練を一か月程度続けてみては如何でしょう。詳しい内容はコメント頂ければお答えいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
chi-ko
2012/12/07 23:30
こんばんは、コメントありがとう
ナポレオン
2012/12/07 23:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
「隠れ斜視(斜位)たけしの本当は怖い家庭の医学」について 眼鏡屋35年のベテラン眼鏡士のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる